日記

今年の日常は楽しみ!

古窯 おせち
| 日記 |

日記は興味があります

"

浅草「オーガニックのお店」が移転ー日本最古の地下街から地上へ /東京 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000020-minkei-l13

 浅草地下街にあったオーガニック商品専門店「オーガニックのお店」が10月18日、花川戸(台東区花川戸2、TEL 03-6231-6234)に移転オープンした。

(浅草経済新聞) 老朽化が進む浅草地下街の入り口付近にあった同店は、6月の大雨で浸水被害に遭ったのをきっかけに「地上」に移転。

「日の光が届かない地下より、空気が新鮮だしオーガニック商品も映える」と店主の中村泉さんは笑って話す。

移転で店舗が広くなり、カフェコーナーを設けた。

11月から週末の夜間限定で、フレンチダイニング「コフレ」(浅草3)とのコラボバーも始めるという。

 子どものころ、野菜が好きではなかったという中村さん。

成人してから知人に連れられて行ったレストランで有機野菜のおいしさに目覚めた。

さらにアルペンスキーを経験して、スキー板に塗るワックスの有害性を知り「環境保全のために何かしたい」と考えるようになったという。

後にオーガニック製品の輸入販売を始めようと、2009年に国内外の展示会へ。

ドイツの展示会で世界中から約4000社のメーカーが出展している中、日本は2社しか出展していなかったことを目の当たりにし、日本がオーガニックの分野で後れをとっていることを痛感。

帰国後は輸入業を始めようとしたが、望むようなオーガニックに特化した小売店がなかったため、自ら開いた。

 中村さんは「オーガニックについての質問にはできるだけ詳しく答えられるように」と、日本オーガニック推進協議会の講座を受講し、最上位であるマスターオーガニックコーディネーターを取得。

「オーガニックに興味のある人もない人も、気軽に立ち寄れるオーガニックの学舎みたいな店でありたい」とも。

 主な商品は、有機野菜やオーガニック食品、オーガニック化粧品など。

年末を覗く31日まである月は月末には有機野菜をセットで安く販売している。

 営業時間は、平日=11時30分〜20時30分。













"

ファンケル株に投資して成功 株式投資成功の実例とコツをご紹介 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00010001-manetatsun-bus_all

 上述した株投資の目的を達成できる銘柄を選別する上で、私がとりわけ注視したのが「有利子負債0円」の企業です。

有利子負債が0円であることには、正と負の面があるんですよね。

 借金をせずに着実に利益を上げていける企業ならば無駄な借金をしないで済み、万が一の金融危機の場合でも経営破綻などに陥るリスクが少ないのですが、有利子負債があると、場合によっては借金を返済するのに骨を折ることになり、本業利益が伸びていかない危険性があります。

 しかし、有利子負債を絶対に避けるべき、というわけでもないんです。

企業が借金をしてでも利益を伸ばせる面に投資できれば、将来的に会社が大きく発展する可能性があります。

ですから、有利子負債が ‘悪’ というわけではありません。

 しかし、私は長期的に安定したリスクの少ない会社を希望したので、有利子負債0円の企業にこだわって銘柄選別を行ない、結果としてファンケルを選んだのです。

自分の投資術や視点に基づいて銘柄選択の絶対条件を絞り込むと、自分で設定した株投資の目的を達成しやすいですよ。

ナイトリッチブルーオーラ お試し 購入
| 日記 |

日記の動向

"

57店に「淡路島産食材こだわり宣言」、11月1日から表示スタート http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000011-san-l28

 行政や農協などでつくる「食のブランド『淡路島』推進協議会」は、島内産の食材にこだわる飲食店を「淡路島産食材こだわり宣言店」として登録する新たな制度を始め、29日、洲本市塩屋の淡路建設会館で57店に宣言書授与式を行った。

宣言店には11月1日からステッカーが表示され、パンフレットやホームページでも紹介される。

 島内産品の消費拡大と食のブランド「淡路島」を高めるのが狙いで、県内初の試み。

今年7、8月に行った募集に島内の57店から応募があり、全店が要件を満たした。

要件は年間に使用する生鮮食品の割合(品目ベース)が8割以上を「3つ星」、5割以上を「2つ星」とするもので、今回は34店が3つ星、23店が2つ星となった。

和食23、宿泊施設16、洋食6などとなっている。

 授与式には宣言店の22人が参加し、淡路県民局の安倍茂局長から宣言書やステッカーを受け取った。

代表して「やぶ萬旅館」(南あわじ市)の榎本靖子若女将(42)が「淡路島は1年を通じて食材の宝庫で、この素晴らしい食材を心を込めて料理し、淡路島ファンが増えるよう努力していきたい」とあいさつした。

 食材の使用割合は各店の自己申告に基づくため、淡路県民局洲本農林水産振興事務所の藤沢崇夫(たかお)所長は「この制度は性善説に基づいて成り立っている。

使われている食材をメニューなどで分かりやすく表示していただき、各店で責任と自覚、誇りをもって制度を育てていきたい」とした。

来年4月に2回目の募集を行う。













"

在米華人から見た「中国人が日本で違和感を覚える11のコト」―中国ネット http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000008-xinhua-cn

29日の中国・網易教育訊によると、米国には現在、400万人近くの華僑・華人が居住しているという。

【その他の写真】その一人、米国籍華僑の女性ブロガー、高ウェイウェイさん(ウェイは女へんに尾)が最近、「中国人が日本で違和感を覚える11のコト」と題した文章を公開した。

自身のアシスタントが日本に旅行した際に感じたということをつづったもので、以下のような内容だった。

日本は好きではないし、あまり興味もないから、日本について書くことはこれまでほとんどなかった。

日本がらみのネタでは、ニューヨークにある日本料理店に行くぐらい。

でも実際にはニューヨークの日本料理店はだいたい華人がやっていることを、ここでこっそり明かしておこう。

今年の秋、私のアシスタントが日本に行き、戻って来てから「日本はよかったですよ!」と言うようになった。

あまり納得はいかないが、日本にはわれわれが学ぶべき部分が多いということだけは言わざるを得ない。

そのアシスタントが、「中国人が日本で最も違和感を覚える11のコト」を教えてくれたので、並べてみる。

(1)中国では、人が車に道を譲る。

でも日本では、車が人に道を譲る(2)中国では「使ったトイレットペーパーはゴミ箱に!」 日本では「トイレットペーパーはゴミ箱に捨てないで!」 ※中国だと使用済みのトイレットペーパーをゴミ箱に入れることが正しいマナーだが、日本ではこれをやると軽蔑される。

使用済みのペーパーは便器に入れる。

日本のペーパーは水で溶けるので、トイレが詰まることはない。

(3)中国では、トイレはトイレらしく、汚くて臭い。

日本では、トイレはトイレらしくなくてまるでホテルのよう!(4)中国では、店に来た客にまとめて「ありがとうございました」と言う。

日本では、客の一人ひとりにお礼を言う(5)中国では、地下鉄はまるで野菜市場のようにやかましく、ご飯を食べたり おしゃべりしたりするなど、やり放題だ。

日本では、地下鉄は病院みたいに静かで整然としている (6)中国では、レストランのメニューの写真はあくまでも“参考”。

日本では、写真=本物 ※中国のメニューの写真の下にはよく、「あくまで参考です」と書いてある。

でも日本では注文すると写真と同じものが出てくる。

ガイドさんは「もし牛肉麺を注文する時、写真に5枚の肉がのっていて、実際には3枚しかなかったら、店員を呼んで2枚増やしてもらえる」と言っていた。

(7)中国では、成人雑誌は“有害”で売った人は違法。

日本では、成人雑誌をたばこやガムと一緒に売ることができる(8)中国では、“ドラッグストア”は薬屋。

日本では、雑貨屋(9)中国では、ホテルのシャンプーを使うと髪の毛がごわごわになる。

日本では、普通のホテルにDHCのシャンプーが置いてある(10)中国では、薬は最低3日間飲んでようやく効く。

日本では、1日飲んでも効かない薬は市場から淘汰される ※中国の薬は3日分が基本で、それだけ飲まなければ効かないようになっている。

日本で買った便秘薬は3粒飲んだだけで10年悩んだ頑固な便秘が治った! 残った薬はどうしよう!?(11)中国では、誰もが「釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)は中国のものだ」と知っている。

日本では、大多数の人が釣魚島に無関心。

そんな島があることすら知らない人もいる(編集翻訳 恩田有紀)

謝朋殿 おせち
| 日記 |
Copyright (C) 難波善明 緊張克服プログラム【ハリウッドの秘密が明らかに!】. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。