日記

どのような日常が欲しいか

"

ホンダ、FIAの提示したエンジン開発許容幅に納得できず http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000008-fliv-moto

2015年からマクラーレンと組んでエンジンサプライヤーとしてF1復帰を果たすホンダだが、FIA(F1統括団体の国際自動車連盟)が示したエンジン開発凍結緩和ルールに対して納得できたわけではないようだ。

当初、FIA(F1統括団体の国際自動車連盟)では、今年から参戦するホンダについては開発凍結ルールをそのまま適用するという判断を示していたものの、その後の話し合いにおいて一定の譲歩が行われ、ホンダにもシーズン中の開発が認められることになった。

■ホンダに認められる開発はライバルメーカーの動向次第だが、FIAが示した新たな判断によれば、シーズン中にホンダに認められる開発は、ライバルメーカーたちが開幕戦(オーストラリアGP/3月15日決勝)の時点で残した開発トークン(一定の開発を行うときにFIAに提出する引換券のようなもの)の平均数を基準とすることとなっている。

2014年から現在のV6パワーユニットの供給を始めていたライバルメーカーたちは、メルボルンで開催される開幕戦の前後を問わず、合計32のトークンを利用してエンジン開発を行うことができる。

例えば開幕戦を迎えた時点で、メルセデスが8、フェラーリが6、ルノーが4のトークンをそれぞれ残していたというような場合には、ホンダにはその平均である6トークンを今シーズンから来シーズン開幕までの間に使用することができるということだ。

つまり、実際にホンダがどれほどのトークンを使用できることになるかは、ライバルメーカーたちの動きによって違ってくることになり、本当のところはふたをあけてみないと分からないということになる。

■メルセデスAMGではホンダ対策としてエンジン戦略を変更かそんな中、ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』のミハエル・シュミット記者は、ホンダのライバルメーカーたちが、どういうプランを立てているかということについての詳細な情報を入手したと書いている。

少し前には、メルセデスAMGでは今シーズンの序盤4レースには、昨年F1タイトルを獲得した2014年仕様のエンジンを使用し、32のトークンをすべてシーズン中に使用できるようにキープする作戦を取るのではないかと報じられていた。

だが、シュミットはメルセデスAMGの広報担当者のコメントを引用しながら、メルセデスAMGでは開幕戦から2015年仕様エンジンを投入することになったと書いている。

シュミットによれば、これはFIAがホンダのシーズン中の開発を認める判断をしたことにより、メルセデスAMGがその計画を変更したのだという。

つまり、仮にメルセデスが32のトークンをそのまますべて残して開幕戦を迎えれば、ホンダが使えるトークンの数も大きく増えることになるからだ。

シュミットは、それゆえ、メルセデスも恐らくは6トークンほどを残す状態として開幕戦が行われるメルボルンへ向かうことになるだろうと書いている。

■ホンダはFIAに再考を求めているとスペイン紙一方、ルノーは恐らく7トークンを残すと見られており、フェラーリではそれよりも多い12トークンを残すことになりそうだという。

もしこれらの情報が正しければ、2015年にホンダが使用することが認められるトークンの数は8ということになる。

だが、スペインの日刊スポーツ紙である『AS』は、ホンダではFIAが示した新たなルールによっても、公平性が維持されることは難しいだろうと不満を持っていると報じている。

「彼ら(ホンダ)は、さらなる確認を求めている」と書いた『AS』は、次のように付け加えている。

「彼らもほかのメーカー同様32の開発トークン使用が認められることを望んでいるのだ」













"

【デトロイトモーターショー15】キャデラック CTS-V 新型、ライバルとスペック比較 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000058-rps-ind

2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15。

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックブースのハイライトは、新型『CTS-V』だった。

画像:新型 キャデラック CTS-V同車はキャデラックのミディアムセダン、『CTS』の新型をベースに開発された高性能グレード。

ライバルを圧倒するパワフルなエンジンが特徴となる。

新型CTS-Vのパワートレインは、直噴6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャー。

新型『コルベットZ06』と基本を共用するこのV8は、最大出力640hp/6400rpm、最大トルク87.2kgm/3600rpmを引き出す。

0-96km/h加速は3.7秒、最高速は322km/h。

競合車では、メルセデスベンツ『E63AMG S』の直噴5.5リットルV型8気筒ツインターボが、最大出力585ps/5500rpm、最大トルク81.5kgm/1750-5000rpm。

BMW『M5』の直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボが、最大出力560ps/6000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5750rpm。

新型CTS-Vは、パワー&トルクで、ライバルを圧倒。

キャデラックのプレスカンファレンスに登壇したGMのマーク・ルース・グローバル商品開発担当上級副社長は、「メルセデスベンツの5.5リットルV8、BMW Mの4.4リットルV8よりもパワフル」と、新型CTS-Vの優位性をアピールしている。

《レスポンス 森脇稔》

車買取 札幌
| 日記 |

どのような日常が欲しいか

"

きょうの国内市況(1月16日):株式、債券、為替市場 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000078-bloom_st-bus_all

債券相場は上昇。

長期金利は一時、過去最低水準を更新した。

スイス中央銀行がスイス・フランの対ユーロ相場上限を撤廃し、マイナスの預金金利を引き下げたことを受けた米国債相場の上昇に加え、日本株の大幅下落を背景に買いが優勢となった。









"

セイコー・ソリューションズ、タイに海外初の拠点を設立=中国離れが加速 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000004-gnasia-asia

 セイコー・ソリューションズはこれら状況を踏まえ、タイのバンコクに初の海外拠点となる現地法人セイコー・ソリューションズ(タイランド)を新設する。

オメガ シーマスター プラネットオーシャン
| 日記 |

僕の日常はどうか?楽しみ

"









"

本田のものまね芸人・じゅんいちダビッドソンが結婚 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00000516-sanspo-ent

 サッカー日本代表・本田圭佑のものまね芸人、じゅんいちダビッドソン(39)が8日、一般女性との結婚を自身のブログで発表。

「長年様々な部分で支えてもらったので、少しづつ恩返しして、少しづつ幸せにできればと思ってます」と誓った。

 昨年12月28日に入籍したものの、「休日窓口と年末年始で受理に時間がかかりまして、本日書かせていただきます」と報告。

「同居も長かったですし、これを機に引越しするとか、子供できた、という訳ではないので、特に何もわからないと思います。

少しづつ責任感のようなものが芽生えてくるんではないかと、思います」とつづった。

 「昨年中に入籍すればいいかな〜、なんて思ってた」というじゅんいちだったが、親しくしている女優の秋野暢子(57)から「ちゃんとプロポーズしなきゃだめよ!」と尻をたたかれ、プロポーズすることを決断。

 仕事帰りで白いスーツ姿だったというじゅんいちは、芸人仲間がサプライズでカメラを回す中、「ほぼ本田圭佑選手のものまねの状態で、カメラ回しながら花束もって自分の家に行くという、無茶苦茶恥ずかしい行動になりました」と振り返った。

引越し 相模原 格安
| 日記 |
Copyright (C) 難波善明 緊張克服プログラム【ハリウッドの秘密が明らかに!】. All Rights Reserved.